よく当たる電話占い初回お試し無料体験

電話占いのはまりすぎに注意!電話占い依存症は危険!

電話占いの利用時に注意すること

電話占いはとても手軽に利用出来て、24時間いつでも相談出来るところもあり、携帯電話からでも可能なためどこにいてもすぐに占うことが出来るのが特徴です。そんな電話占いを利用する上での注意点としては、やはり自分の限界を超えて利用し過ぎてしまうことでしょう。

占いをしている会社はたくさんありますので、一つのところで始めたのをきっかけに、堰を切ったように多数の会社に次から次へと占いを頼み始めてしまう人もいて、歯止めが掛からなくなってしまうのが一番注意すべき点でしょう。

ついつい電話をかけまくってしまったり、占い師や鑑定士と仲良くなって、友だちのような感覚で長く話し出してしまったりすると、それはそのまま費用の負担となって後でのしかかって来ます。

あくまでも利用する時には自分で目安を決めて、月にどれくらいの相談にしておこうといった予算の計算が出来るようにしておきたいですね。

コツとしては、話している間に常に時間がわかるように目の前に時計を置いておくとか、何分利用するといくらになるといった料金表を自分で作って置いておくなど頭を冷静にする工夫をしておくことです。

また、話す前に自分が何を聞きたいのか要点をまとめておくとか、短い時間で聞きたいことをきちんと聞けるようになってこそ、上手な占いの利用が出来ると認識しましょう。

後は、信頼出来る会社、占い師、鑑定士を見つけることです。
なんとなく違和感を感じながらズルズル相談していたのでは、時間もお金ももったいないですね。

話すことで少しでも悩みが減って気分が前向きになるような、自分にプラスになる相手を探すことが大切です。

電話占いにはまる・・・依存症に気を付けよう

電話占い依存症という怖い症状があります。そもそも占いには依存症がありますが、電話占いは特に手軽に行えるために依存症にないやすいとも言えますね。中には驚くほどのお金を費やして、クレジットカードの支払いが滞ってしまう人もいますので、本当に気をつけなくてはいけない危険な症状です。

この世には依存症はたくさんあって、有名なところではアルコール依存症やニコチン依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症など怖い依存症がありますが、電話占い依存症もれっきとした病気です。

やめようと思ってもやめられない、断つと精神的肉体的にとても不快な症状が現れるというもので、現代社会を反映するものにはインターネット依存症やオンラインゲーム依存症、携帯電話依存症など電子機器の依存症なども出てきています。

電話占いに限らず、占いをせずにはいられない占い依存症というものは昔からあるのですが、電話占いの場合は自分で占い師のところへ出掛けて行かなくても良いですし、24時間可能なところもあるためより依存度合いが進行しやすくなっています。

ただ、依存症というレベルは電話占いが好きでやめられないというレベルのものではなく、電話占いをするために全財産を投げ打ったり、多額の借金をしたり、鑑定の結果を100%実行しなくては気が済まないといったような精神的な異常行動があり、社会生活に支障が出るような状態を言います。

自分で計画している予算の範囲内で、前向きに生活を送るための材料として利用している分には特に病的な問題ではありませんので、利用することに過剰に不安になる必要はないでしょう。

相手の占い師に依存はしない

電話占いに没頭すると、いつのまにか相手の占い師に依存しているという状態も考えられます。
元々、どうしたらよいのか教えをこうような形で出会っています。

依存心が強いと徐々に「占い師の言うことを聞いていれば間違いない」というような気持ちになってしまうこともあります。そして、占い師に言われた通りに本当は価値の無い高い品物を買ったり、なんでも占い師の言うなりというマインドコントロールされている状態に陥ることもあります。

そう言うと、「占いって怖い」と思う方もいるかも知れません。
しかし、前述したような例は、占い師が意図的に作り出している状況だとも言えます。

ほとんどの占い師さんは、「自分が占うことで相手が未来に迷うことが少なくなればいいな」という善の気持ちで占いをしています。ですから、占い全般を怖がる必要はありません。

電話占いにも自己管理が必要です。例えば、適量食べれば体に良い物でも食べ過ぎれば体に悪影響を及ぼしますね。それと似ていますが、占いも依存し過ぎると何も自分で決められなくなってしまいます。

電話占いを利用する際には、占ってもらう時間や金額を自分でしっかり設定して没頭し過ぎない事です。占いで自分の未来を診断してもらっても、結局、自分で道を決めて進むという気持ちが大切です。